遺伝子検査の基本

自分はどんな病気になりやすいのか?どんな事に気をつけるのが良いのか?遺伝子検査をすると自分のかかりやすい病気などを知ることができる。しかし遺伝子検査と聞くとなんだか大掛かりな検査が必要なように思えますよね。

しかし、病院で細かく検査するものや自分自身で遺伝子検査キットを購入し、郵送して結果を待つというものまで様々です。血液からでないとDNAが分からないと思っている方も多いのですが、キットの場合は唾液で十分です。

自分のDNAは自分自身も知らない体の情報の宝庫です。きちんとした結果や傾向を知ることで、健康づくりや予防などにとても役立ちます。
家族や先祖の病気が自分自身に遺伝しているなど、どんなに気をつけていても知り得る事の出来ない情報などは遺伝子検査にお任せです。生活習慣病やがん等は遺伝するものも多いのが現状ですので、正しく結果を受け止めて、これからの健康づくりに役立てましょう。